あの素晴らしいゲロをもう一度2

学園デビュー


ついにこの時がやって参りました。

--------------------------------------------------------------------------------------------
送信者: ときめきメモリアルオンラインサポート
宛先: *******@mail.goo.ne.jp
件名: 「ときめきメモリアルONLINE」β2テスター当選おめでとうございます
日時: 2005年10月31日 18:23:30

--------------------------------------------------------------------------------------------

31にして学園デビュー。
しかも「女」として。

一児の父となるべき男としての自覚はこの際ばかりはおいといて。

祝!キャンパスライフ。

学園に潜り込んで来ます。
潜入レポ、お楽しみに。
[PR]
# by gero_2 | 2005-11-01 18:00 | エロい話

仕様変更

朝8時半に起きて、春日部へ。
春日部にあるというスバル専門のパーツショップへ向かうのだ。



約1時間で現地到着。高速最高。(なんとノーミス。)

カーショップにはカッ飛びそうなでっかい羽をつけたスポーツカーがズラリ。
居心地悪い駐車場やなー、という訳で申し訳なさそうに車を停めて店内へ。

『田舎から出てきたばっかで右も左も判らない子』を装って店員に近づき、マフラー交換をしたい旨伝える。



「あ、メールで問い合わせてくれてた方ですね。」



ばれてる。
秋葉臭か?

e0070567_1543334.jpg


んで、マフラー交換中。

んで、作業終了。

「じゃ、ちょっとエンジン入れてみますね」



ブオン! ボロボロボロボロ・・・



すげー。
全然別の車みてー。 

といっても、中身は前と変わらぬチンプレッサ号。
粋がってブオンブオン言っても、坂道では思わず「頑張れ!頑張れ!」とハンドルを握る手に力が入るくらいのカワイイ奴です。



「元々ついていたマフラーはどうします?うちで処分しといてもいいですけど。持ち帰ります?」



しばし迷うも、出した答えは「要りません、処分しといてください」。
もって帰ったって場所とるだけだしね。



「では、お気をつけて!」



と店員さんに見送られて帰途へ。
んで、一般道に出て思い知らされる。

ブオンブオンうるさ杉。

ヤバイです。うちのチンプ君。実際にアクセル踏んでみると、何がそんなに気に入らないのか、尾崎豊ばりに絶叫スープレックス。
横に並んだスープラの運転席なんて絶対見れません。
喧嘩なら売ってないよ!




帰りの高速入口手前でUターン。

「やっぱり元々ついてたマフラー、返してください」 とお店に電話。


e0070567_15392830.jpg


ノーマルマフラーを奪取し、高速使って帰宅。
ブオンブオン。
さて、どこに置く、この鉄の筒。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-29 15:41 | 車の話

ナイスジャッジ

高速に乗るたびに、道を間違えている僕ですが、ここ数日で一番のナイスジャッジ。


SONIC COASTER POP


うぉおお、買わなくてよかったぁああ!


ほんと、ナイスジャッジ、オレ。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-21 14:58 | 普通の話

夏休み5日目

ドライブに行ってきたよ。

行き先は、首都高速。
超近場。
ていうか、道。道路。




4年くらい前でしょうか。
高層ビル郡の隙間を縫うような夜の首都高を、山本君のゴルフでかっとばさせてもらったんですが、それがエライ楽しかったんです。ちょっとした絶叫マシンのような感じでした。1回700円(高速代)のアトラクションです。




で、今。
あの時の絶叫マシンをもう一回楽しんでみようというコンセプトのもとに、首都高ドライブ。ルートを調べてみると、どうやら、戸越というところから乗って羽田方面に回って帰るのが最短らしい。

で、夕方。目的地首都高のドライブに出発。何故か妻同行。

順調に戸越から首都高へIN。

グングン飛ばすも、5分ほどのところ(新宿と羽田の分かれ道あたり)で渋滞。
牛歩牛歩。
これじゃー全然絶叫できません。
すると見えてきました、東京タワー。

「おおおおお、東京タワー」

曇ってましたが綺麗なもんです。
偶然の1ゲット。

羽田方面のルートへ入ると大分道もすいてきました。
これまたグングン都バス。
そう。チンプレッサのくせしてグングン飛ばす。まだ慣らし運転期間でそんな高回転回すのはよくないはずなのに、グングンアクセル踏みまくる。大丈夫、うちのチンプはタフなはず。

そうこうしてると、これまたお約束で道(分岐)を間違える。
間違えて行き着いたところが、

「あれ?これ、レインボーブリッジじゃね?」

そう。
この前、レインボーブリッジを渡ろうと思ってわざわざお台場からの帰りに首都高に乗ったのに渡り損ねたあの橋です。
偶然の2ゲット。

遠くで見れば虹色の橋も、渡ってみればただの橋。
その後、前に間違えて通った地下トンネルを走って帰宅するつもりが、今度は高速降りる場所を間違う。大井南で降りるはずが、あっさり通過。これが大誤算。

大井南から先、もう、死ぬほどの渋滞です。

はるか彼方まで、車が道路に敷き詰められている光景。まじ?高速なのに、なんで止まってんの?

というか、特に行き先の予定も約束の時間も無いので時間がかかるのはいいんですが、問題は僕の尿意です。

そう。大井南通過時点で、ガソリン半分、膀胱満タン。

途中、高速脇にトイレがあったんですが、「もうちょい行ったところの平和島で降りるから、それからコンビニでトイレ借りればいいや」と思ってたら、そもそも平和島なんて言う高速降り場、無いんでやんの。 うる覚えがマイナスに出る。

そして、超焦る。

牛歩。牛歩。

ストップ アンド ゴー。ストップ アンド ゴー。

徒歩より遅いぞ、この野郎。

辛抱ならん、そう思い、「高速降りるとこまであとどんくらいやろ?」と思い、ナビの表示を広域表示に変えてみるが、残された距離に悶絶。見なきゃよかった。

「高速の渋滞途中にトイレ行きたくなった人って、どうするんだろうね?」と妻に問うと、

「車の中で、簡易トイレとかにするんじゃない?」と至極まっとうな答え。

うちの車に簡易トイレなど無いじゃないか。
スピーカーからは、マサムネの歌声が。

♪あーしたー、海を見にいこー

だって。こいつはノンキでいいよな。
と、周りのことに殺気立っていたのはまだ元気がいいうちのこと。
そのうち、全ての神経を膀胱・尿道あたりに集中させざるを得ないところまで追い込まれると、もう無口無口、サイレントムービーを実写でやらかします。

ストップ アンド ゴー、のストップでかかるわずかなGにもう一々オーバーアクション気味に絶叫絶叫。
この状態が、かれこれ1時間くらい続くとは。





ああ、首都高の絶叫マシンってこういうことだったっけか。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-19 00:52 | 普通の話

夏休み3日目

釣りに行ってきたよ。

うん。へたれフィッシャーマンだから、もちろん管理釣り場。
管理釣り場が何なのかわからない人に「管理釣り場とは」と解説してあげたいところだけども、いいことなんてこれっぽっちも無いのでやめときます。



◆朝6時過ぎ:チンプ号で出発。

◆朝8時半頃:恩方ます釣り場に到着。
e0070567_22235695.jpg



◆同時刻:こんな感じの釣り場。先客ゼロ。爆釣の予感。
e0070567_22262598.jpg



◆朝8時45分:第一投目ルアー投入。普通なら劇アツの第一投。しかしこれがスルー。嫌な予感漂う。

◆9時:管理人現る。バケツに入った魚(ニジマス)を我々の目の前で放流し去っていく。裏口入学で両親が校長に現ナマを手渡す場面を目の当たりにしたような、なんとも言えない気まずい雰囲気。 けど、これが管理釣り場。

◆9時1分:龍、管理人が放流したての魚を釣り上げる。魚としては、「イケス→バケツ→川→龍の手の中」という最悪の人生を辿ったことになる。
e0070567_2233031.jpg



◆11時:この時点で、まこっちゃん1匹・龍2匹のマスをゲット。俺はゼロ。ていうかオカシイ。なぜならここは管理釣り場。釣れて当たり前の世界。だって目の前で餌に飢えた魚を放流してんですよ。けど釣れない。オカシイ。しかも、土曜のこの晴れ日に俺ら以外の客はゼロ。オカシイ。何かある。あまりに釣れないので、つまみとして食べていたチップスターを一枚、手の中でこっそり砕き、それを川の水に湿らせて「練り餌」を用意。他のみんなに怒られないように、こっそりルアーの針先につけて川へ投入。魚、ノーリア。練り餌には興味無しとのこと。俺、なすすべ無し。

◆11時半頃:とりあえず今ある3匹を焼いて食うことに。釣れた魚を管理室?に持って行き、はらわた取りと塩振り、くし刺しを頼む。すると、管理人のオヤジ。 開口一番こう言いやがった。


「やっぱ、ダメ?」


・・・何それ。やっぱ、って何それ。
このオヤジ、釣れない事を知ってやがった。


「魚がすれちゃってね。食いつき悪くなってるでしょ?」


オヤジ、その通り。


「ルアーのとこでしょ? 餌釣りやってみれば、あそこで。やっちゃっていいからさ、ルアーに餌付けて。」


おいオヤジ。ルアー(疑似餌)に餌(本物)付けるってのは、俺がさっきこっそりやった「釣り人としては邪道も邪道」の行為だぞ。それを公にやれと。しかも、俺たちは、ルアーをやるためにルアー料金払ってんだぜ。
(ルアー釣りと餌釣りでは料金が若干違います。また、釣る場所も分けられてます)


「うちらもさ、魚があんまり釣れないとすれちゃって釣れない魚ばっかになっちゃうからさ、回転させなきゃなんないんだよ。 餌使えばバンバン釣れるからさ、やっちゃっていいよ。」


この時点で、この管理人の言ってることはめちゃくちゃですね。「ふざけんな!」とぶち切れてもいいと思います。けど、宮崎県民集団の出した回答は、「もちょっと頑張ってダメだったら餌試してみます」。

で、飯の用意。3匹のコレ。
e0070567_22453243.jpg



◆12時過ぎ:やっとこさ焼けた昼飯のマス。
e0070567_22461990.jpg



◆1時頃:釣れない。やっぱり釣れない。というか、朝一の時間帯釣れないんだから、昼に釣れるわけがない。

◆1時半頃:管理室に餌を買いに行く。ぶどう虫という、カブトムシの幼虫の孫みたいな虫。

◆1時45分頃:ルアーの先の針にぶどう虫、疑似餌の真下に生餌というオカシナ仕掛けの釣りが開始される。そして、オヤジの言っていた通り、魚が釣れはじめる。俺もようやく1ゲット。龍もそこそこゲット。まこっちゃんに至っては爆釣モード。本人のコメント。 「つかんだ。」 

◆3時頃:釣り終了。記念写真を撮る。ヤケクソなポーズが釣果を物語っている。e0070567_23113624.jpg



◆3時半:片道二時間かけて来たのに、3500円払って入場してんのに、そして何より「管理釣り場」なのに、しかも「餌釣り」で1匹しか釣れなかったという結果にむしゃくしゃして、高速を使うことに。びびりながらも130キロくらいでぶっ飛ばして帰宅。




◆今の心境:もういかね。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-18 23:18 | 普通の話

禿げについて

僕はこれまで、どちらかと言えば、「禿げ」を非難する側にいました。

この前も、社外の方との打ち合わせの最中に、

「あ、薄い。しかも、反比例して手の甲に毛がびっしり。さらには、色白。典型的な禿げだな。」

などと、心の中で冷静に禿げYES/NOチャートを使って分析していたくらいです。
昼飯時にも、しばし禿げの話題に花が咲きますが、僕はその花を見る側の人間でした。
決して、育てる側(ネタにされる側)の人間ではありませんでした。

けどね。

最近、薄々気付いていたんですよ。
自分の退化っぷりに。
風呂場でね。

何かが迫っている。

起きてはいけない何かが起きようとしている。

例えるなら、インディペンデンスデイの2日目くらいでしょうか。



この休日、妻に指摘されて、僕は現実を受け止めることにしました。

そう。禿げの始まりです。

多分、まだステージ1くらいの進行状況かと思うんですが、間違いなく禿げの足音はそこまで忍びよっています。ヒタヒタと。

40代を楽しく過ごすために、今日、コレを買ってきました。
e0070567_1949569.jpg


小学校来の友人である山本君に対して、これまで僕は「はげるぞ、はげるぞ」とそれはそれは高校生の頃からからかい続けてきたわけです。プール上がりはもちろんの事、雨が降れば「酸性雨、酸性雨、頭!頭!」と。、そんな彼は、周りからのおせっかいな注意喚起があったからかどうかは知りませんが、高校時より「禿げに対するヘアケア」を続けてきたせいで、今となっては「こいつはなんだかんだ言って禿げないな」リストにメンバー入りしています。



形勢逆転の危機です。



そんな僕のお奨め映画はコレ。

007 禿げるのは奴らだ

主題歌は、もちろんポール・マッカートニー&ウィングスでお願いします。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-14 20:00 | 普通の話

夏休み1日目

僕が横を通るとすぐさま

『大変空気が汚れています』

を示す赤ランプになりやがるから気分悪いったらありゃしません。
e0070567_1856597.jpg


今日から急遽夏休みに突入しました。

特に予定も無いので、遅めに起きて、昼飯がてらラーメン食べに川崎へ。
会社の若い衆が話題にしてた「ラーメン二郎」とかいう店です。
事前にwebで予習して挑んだんですが、出てきた瞬間、「コレは無理」ジャッジ。
ボリュームありすぎて完食出来ず。

満腹になったところで、天気も良いので城南島のなんとか公園へ。
e0070567_1974160.jpg


「飛行機、近杉」

とか言いながら近くにいた今にもやりだしそうなカップルをチラ見して帰宅の途へ。



怪しいくらい平和な1日でした。スミマセン。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-13 19:09 | 普通の話

ネタ

いやぁ、滑った。
久しぶりって言うと、さも常勝軍団・神奈川県代表明訓高校みたいに聞こえちゃうけど、ほんとスカッと滑ったね。


社長賞プレゼン。


僕の勤める会社には「社長賞」なるものがあり、半期に一回、伸助&島崎和歌子司会のオールスター感謝祭みたいな感じの、人は沢山いるんだけどどうにも安物感がぬぐえないっつー表現がぴったりの会議の場で表彰されるわけです。

選ばれればね。
賞金は50マソ。

金に目がくらんだ僕は、エントリーしてみましたよ、社長賞。
7名のWG(ワーキンググループ)で取り組んだミッションなのですが、その代表としてね、出るとこ出て喋ってきたというわけです。


「高性能のビデオカードとハードディスクくらいは買える金はゲットしてきます」


とか大見得はっちゃったからね。
取らないわけにはいきません。社長賞。
で、今日、「オレってば、こんなスゴイことやっちゃいましたよ」っていう九州男児としては最もやりたくない類のプレゼンをやってきました。

その結果が冒頭の一言。



記憶に残る選手になりたい。



その一心から、もう、5分のスピーチにネタを詰め込んだ詰め込んだ。
僕ん中では、「笑いを取ったら勝ち」みたいな判定基準が勝手に出来上がっちゃってたんでしょうね。
途中から、社長賞そっちのけ。
難しい顔のオジサン達をいかに笑わすか。
それに全身全霊を注ぎました。

その結果が冒頭の一言。



正直、泣いたね。
その詰め込んだネタっつーのがどんなもんなのか、詳しく書くことは出来ないのだけども。
とりあえず、

「このサービスは、罪の無い奥様に対する八つ当たりさえもゼロにします」

とか言うのは当然総スルーの対象ね。学んだよ。だから、オマエラも真鍋。
瞬間、「センターリングしたボールを、仲間どころか敵のディフェンダーまで全員スルーしたら、キッカーは凹むだろうなぁ」とか考えたよ。



つーことで、ゴメン。
ビデオカードはオンボードで我慢しなさいってことで、ひとつ来期まで辛抱ヨロシク。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-11 19:27 | 普通の話

プロの業

SUBARUへ1ヶ月点検に行ってきました。

なんか1ヶ月くらい運転すると、締めたり張ったりしてる部分に緩みだの弛みだの出てくるらしく、それらを調整するとのこと。

はい、お願いします。

で、 「ついでに洗車もやっときましたので」 だと。

この「ついで」の仕事が凄すぎる。
多分時間にして15分ほどだったと思うんですが。
それはそれはもう完璧な磨きっぷりでした。
ちなみに僕は、この磨きレベルに持っていくまで、休日に2時間半費やしてます。

「しまった、洗車するとこ見せてもらえばよかった」

次は1000km到達時のオイル交換でお世話になる予定。
その時こそ。



さてさて、点検も終わりSUBARUを出たんですが。

???

走りが何か違うがする。
何が違うって、停車時からアクセル踏んだ後の低トルクでのなんたらかんたらってよく判んないんだけども、なーんか違うなー。なーんか調子よくなったような。

んで、そのままその足で電気屋へ。
豆対策に空気清浄機を購入。

e0070567_1817989.jpg


帰宅後、早速電源を入れてみて部屋の空気を清浄。
嫁様と二人して、

「なーんかキレイになった気がするね。」

もともと空気には興味が無かったので、なんつったらいいんだろ、その違いがよく判らんのだけども、違いが判らんとなると払った数万円が元を取ってない気がして悔しいので、「気がする」止まりなんです。



あ、ちなみに

・空気がうまい
・水がうまい

っていう奴は信用しないことにしてます。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-09 18:27 | 車の話

反省点

やぁ。
今日は横須賀のなんとか公園でBBQでした。

まぁ、肉がビールが旨かったとか、よそのガキんちょが可愛かったとかそんな話はよしとして。

今回、初の長距離運転でした。Myチンプレッサ。
行きはそこそこスンナリ到着できた走りだったんですが、帰りがもう散々。

まず、道間違えまくり。
高速を乗っちゃー降りちゃー乗っちゃー降りちゃーしてました。
そのせいで高速代が高騰。
あー、スミマセン。

あと、これは同乗者に心配かけると思って黙ってましたが、
80km/hくらいで高速出口に突入した時に、一瞬視界が真っ白になりました。
「これはヤバイ。道が見えない。」と思って急ブレーキ。
あー、スミマセン。

あと、これも同乗者に心配かけると思って黙ってましたが、
夜間なのにライト全消灯で走ってる時間が15分くらいありました。
あー、スミマセン。


明日は1ヶ月点検の日。
僕のチンプレ(走行距離500km)、診てもらってきます。
[PR]
# by gero_2 | 2005-10-09 00:02 | 車の話


カテゴリ
普通の話
車の話
豆の話
エロい話
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧